のりもの男子とゆる知育

のりものが大好きな2歳児男子と知育を楽しむ毎日を綴っています。

【モンテッソーリ】我が家のモンテ棚を使ったおもちゃ収納

f:id:norimono-chiiku:20191214234756j:plain

こんにちは。久しぶりのブログになってしまいました。

というのも月初に引っ越しをしまして本格的に日本での生活をスタートさせました。子連れの引っ越しは想像以上にハードでしたが、やっと落ち着いたのでブログを再開しようかと思います。

 前置きが長くなってしまいましたが、やっと完成した子ども部屋。以前から使っていたモンテ棚と新しく導入したモンテ棚、そして本棚。本日はこれらのモンテッソーリ棚を使ったおもちゃ収納をご紹介します。

モンテ棚を導入しようと思ったきっかけ

知育に興味を持ち始めたころ、いろんなブログでおもちゃ収納を見させてもらいました。統一感があって可愛らしい子供部屋も多く、いつかはこんな部屋にしたいと妄想していたのですが、子どもが大きくなりおもちゃが増えていくと我が家もおもちゃ収納が必要に。

同時におうちモンテにも興味があったのでおうちモンテ関連で見ていた、あるブロガーさんの自作モンテ棚がシンプルでおもちゃがとても映えていたのが印象的でした。当時中国に住んでいたので中国語でネット検索し、やっとたどり着いたのが我が家のモンテ棚です。ちなみに中国でもモンテッソーリ教育は大人気。我が家が購入したのも実際にモンテ園向けに販売されているサイトからでした。

モンテ棚のメリット

ずばり!圧倒的収納力

縦方向に仕切りがないので色んなサイズのおもちゃが収納できます。細かく分類して収納してもスペースに無駄が出ないところもポイントです。

片づけやすい

よく言われるモンテ棚のメリットですよね。おもちゃがどこにあるのか分かりやすいので片づける際に悩まず収納できます。

隠すのではなく見せる収納になる

ある本で、『子どもは片づけるとおもちゃが見えなくなって不安になるので、片づけてもおもちゃが見える状態だと自分でも片づけられるようになる』と興味深い内容が書かれていました。その言葉もあって片づけても隠すのではなく見せることのできるモンテ棚にとても惹かれました。

モンテ棚のデメリット

モンテッソーリ棚として売られているものが少なく、また高い

中国でモンテ棚を探す前に日本のサイトでもモンテ棚を探したのですが、本格的なモンテッソーリ棚を売っているサイトが少なく、あっても非常に高価でした。木から仕入れて自分で作られている方も見かけますが、本当にすごいです。

ただモンテ棚として売られていなくてもニトリのカラーボックスなどを応用されて素敵なモンテ棚を作られている方も多くいらっしゃるので工夫次第で導入できそうですよね。

片づけやすいがその分出しやすい

これは声を大にして言いたいです。モンテ棚の良い点であるはずの片づけやすさは同時に出しやすさにも繋がります。当たり前ですが、最初はびっくりしました。

また見せる収納のおかげか、子どもの遊びたい!の気持ちにもスイッチが入るようでどんどん出してきます。(ひとつ出すならひとつ片づけてから!は何度言ったことか…)

それだけ興味を持って楽しく遊べるという点では素晴らしいのですが、片づける前は子ども部屋がなかなか悲惨なことになっています。

我が家のモンテ棚

それでは我が家のモンテ棚を実際にご紹介いたします。

背の高い方のモンテ棚

f:id:norimono-chiiku:20191214234902j:plain

こちらのモンテ棚は息子が1歳半前に購入しました。高さが80センチあるので一番上に置いたものは息子がとりにくいのが難点ですが、3段あるので収納力はばっちりです。随時おもちゃも入れ替えているのでジャンルもバラバラです。一番下の段に使用している白いボックスは無印のもの。

真ん中の段に使用している白いボックスはダイソーのものです。

背の低い方のモンテ棚

f:id:norimono-chiiku:20191214234923j:plain

こちらは今回の引っ越しで導入しました。背面がないので若干安定感にかけています。そのため重さのないものを中心に配置しています。こちらは高さが57センチなので棚の上でも遊べるようスペースをあけています。手作りおもちゃやモンテおもちゃは木製のトレイに収納しています。

見せる本棚

f:id:norimono-chiiku:20191214234940j:plain

こちらも今回導入したものです。本を入れる段が4段あり、奥行きもあるので思ったよりは収納できます。この時で約30冊の本を収納しています。でもまだまだ絵本があるので隣に置いてあるティピーテントの中にも本を置いています。本立てに立てて収納するのに比べたらどうしても収納力は落ちてしまいますね。

しかし、見せる効果は抜群。もともと本が大好きな息子ですが、この本棚にしてさらに『本を読んで』と持ってくる回数が増えました。特にのりものが題材の本はお気に入り。この本棚のラインナップも1週間ほどで総チェンジしています。

まとめ

本日は我が家のモンテッソーリ棚でのおもちゃ収納をご紹介いたしました。まだまだ発展途上の我が家のおもちゃ収納ですが、モンテ棚での収納は自由自在なので改良できた際にはまたブログでご報告させてください。

本日も最後まで読んでいただきありがとうございました。